QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ふさえくそ

2017年04月03日

片平で神林

サロンで光脱毛を受けるときには、事前に準備が必要です。
はじめての方にとっては意外かもしれませんが、サロンでは事前に説明してくれるはずです。
施術前にはムダ毛を剃り、自己処理しておかなくてはいけないのです。
ムダ毛があると光が余計な場所にあたってしまうので光脱毛のライトがムダ毛の黒いところに反応してしまって、本来作用すべき毛根のメラニンにきれいに当たらないばかりか、拡散してしまって効果が得られないのです。
安全性と効果をきちんと提供しているサロンでは、施術が受けられなかったり、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。
注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。
ところでこのムダ毛の事前処理ですが、ムダ毛を抜いたり脱色したりは作用すべきメラニンがなくなってしまうと、光脱毛の効果が得られなくなってしまいます。
自己処理したあとの黒いブツブツが気になるかもしれませんが、光脱毛の場合はその黒い部分が残っていることが良い結果につながるのです。
「剃る」か「溶かす」か、どちらかの方法で処理するようにしましょう。
光脱毛でワキの脱毛を行う女性が多いものです。
ムダ毛の毛根は光脱毛なら破壊できますので、ワキ脱毛にはとても適しています。
レーザー脱毛と比べた場合には、脱毛効果が下回るものの、少しの痛みで安いというメリットがあります。
肌に対するダメージが少ないのも、ワキ脱毛によく利用されている理由の一つです。
女性だけではなく男性も通える脱毛サロンはほとんど無いといってもいいのではないでしょうか。
男性と女性が混在ということはほとんどなく分類されています。
いくら個室だとしても、脱毛サロンで男の人に会うのは嫌だと考えている女性がほとんどですから、当たり前ではありますね。
しかしながら、男女兼用で利用ができる脱毛サロンもあるので、デートコースとして二人で通うことも出来るかもしれません。
家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。
コロリー 柏
すぐに冷水や風にあてるなどして冷やすと良くなってきます。
肌が赤くなるのは脱毛処理に伴う炎症のせいですので、もし汗をかいていたらきれいにして(こすって刺激を与えないように注意)、とにかく冷やしてください。
冷やしても赤くなったままだったり、ほてりの症状が改善が見られない、あるいは悪化するようなときは、面倒でも皮膚科を受診しましょう。
炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、放っておいてはいけません。
家庭用脱毛器「LAVIE(ラヴィ)」はIPL光を利用した光脱毛器で、手頃な価格ながら、出力が7段階で調整できるのが魅力です。
専用のカートリッジを取り付けることで美顔器として使えるのも嬉しいです。
手の届きやすい価格なのに、使いやすく、脱毛器の評価も5点満点で4以上と高いユーザー支持を得ているようです。
購入候補として検討してみる価値は、かなりあるのではないでしょうか。
サロンで脱毛してもらわなくても、ラヴィならデリケートゾーンの脱毛にも対応しており、自分のペースにあわせて脱毛できるうえ、レビューを見ても、毛の濃い方では特に効果が実感できるようです。

Posted by ふさえくそ at 21:50│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。